日本コミュニケーション協会

収支シミュレーション

収支シミュレーションの前提条件(共通)

・道場オープンの前年度後半から加盟契約を行い、オープン研修実施後新年度期首より開業
・道場会員は年会費1万円、毎回の受講料は3,000円で1教室あたり週1回の講座を開催と仮定
 (もちろん、会員数や会員の意欲、集まりの属性によっては週に複数の開催も可能です)
・加盟店のロイヤリティは会員年会費・段級認定費の各50%と仮定
・マジックグッズの原価は平均で70%と仮定
・会員は平均して初年度6カ月分加入、月4回開催で年間60%の出席率で、体験参加のうち6人に一人が入会、1教室20人を定員と仮定
・受講生の期中入会及び退会等も含め、表の受講生数の推移と仮定
・当社既存事業実績を基に、一人当たり年間グッズ購入額は平均20,000円程度と仮定
・段級位認定試験は一人平均年3回受験するものと仮定
・毎年、定期的に講師派遣を伴うマジックショーやイベントを定期開催するものと仮定
・2年目以降は定期的に本部研修を受講(年2回)
・道場の会場費を月20,000円(5,000円×4回)と仮定
・スタッフ人件費(雇用した場合)、諸経費、税金等は、オーナー様によって異なるのでここでは対象外とします

初年度運営シミュレーション

週2回 2時間 魔法道場を実施し
参加者 が10人の場合…254,000円 +α
□収入 ………………… 350,000円 +α

❶ 月間レクチャー費売上 240,000円
( 1人3000円 ×10=30,000円 × 8回 )

❷ 魔法のおもちゃ屋グッズ売上 50,000円
(1人平均2500円グッズ購入の場合)

❸ 会費収入 50,000円
(体験参加からユーザー会員 毎月5名入会の場合)

❹ 認定費収入 10,000円
(体験参加から昇級試験受け、合格に場合の認定費)

❺ メディカルマジックショー出演費

□支出 …………………………96,000円

❶ 参加者プレゼントグッズ代
 700円×10人×8回 = 56,000円

❷ グッズ売上経費 70% 35,000円

❸ 入会金本部運営管理費 50%
  年会費本部運営管理費 0%

❹認定費本部運営管理費 50% 5,000円

❺メディカルマジックショー本部運営管理費 10%
※セミナー室料目安は、2時間 4000円として8回利用の場合32,000円別途必要です。

週3回 2時間 魔法道場実施し
参加者 が10人の場合…381,000円+α
□収入 ………………… 525,000円 +α

❶ 月間レクチャー費売上 360,00円
(1人3000円 ×10=30,000円 × 12回)

❷ 魔法のおもちゃ屋グッズ売上 75,000円
(1人平均2,500円グッズ購入の場合)

❸ 会費収入 75,000円
(体験参加からユーザー会員 毎月7・5名入会の場合)

❹ 認定費収入 15,000円
(体験参加から昇級試験受け、合格に場合の認定費)

❺ メディカルマジックショー出演費

□支出 …………………………144,000円

❶ 参加者プレゼントグッズ代
  700円×10人×12回 = 84,000円

❷ グッズ売上経費 70% 52,500円

❸ 入会金本部運営管理費 50%
  年会費本部運営管理費 0%

❹ 認定費本部運営管理費 50% 7,500円

❺メディカルマジックショー本部運営管理費 10%
※セミナー室料目安は、2時間 4000円として12回利用の場合48,000円別途必要です。

週4回 2時間 魔法道場実施し
参加者が10人の場合…556,000円 + α
□収入 ……………………700,000円 +α

❶ 月間レクチャー費売上 480,000円
(1人3000円 ×10=30,000円 × 16回)

❷ 魔法のおもちゃ屋グッズ売上 100,000円
(1人平均2,500円グッズ購入の場合)

❸ 会費収入 100,000円
(体験参加からユーザー会員 毎月10名入会の場合)

❹ 認定費収入 20,000円
(体験参加から昇級試験受け、合格に場合の認定費)

❺ メディカルマジックショー出演費

□支出 …………………………144,000円

❶ 参加者プレゼントグッズ代
  700円×10人×16回= 102,000円

❷ グッズ売上経費 70% 70,000円

❸ 入会金本部運営管理費 50%
  年会費本部運営管理費 0%

❹ 認定費本部運営管理費 50% 10,000円

❺メディカルマジックショー本部運営管理費 10%
※セミナー室料目安は、2時間 4000円として16回利用の場合464,000円別途必要です。

運営コースシミュレーション

年金+αコース(3年間で3教室を運営)

< 特徴 >
  • 毎年1教室ずつ増やし、年金+αの収入をじっくりと得るモデルです。
  • 毎年半年程度で定員20人を集め、その後は入退会含め人数を維持します。
  • その他経費を考慮しても、2年目には黒字化・初期投資回収が可能です。
  • 趣味とコミュニティ作りをマイペースにしたい方向けです。

標準コース(3年かけて5教室を運営)

< 特徴 >
  • 開業後半年で1教室20人、1年で2.5教室50人、2年で4教室80人、5年 で5教室100人を目指すモデルです。
  • 1教室目の収益が継続的な収益として繋がっていくため、経営の安定性が増加 します。1年目から黒字化・初期投資回収が可能です。
  • 教室同士の交流や共同のイベント開催が行いやすいため、教室が盛り上がって いくことが期待できます。

本格事業コース(5教室を同時開講して運営)

< 特徴 >
  • 開業時に5教室同時に募集をかけ、1年で4教室80人、2年で5教室100人 分を早期に満員にしていくモデルです。(もちろん6教室以上も可能です)
  • 1年目からの黒字化・初期投資回収は もちろん、運営経費も教室間の交流等の 面でもスケールメリットが抜群です。
  • 最初は営業・集客や運営が大変ですが、収益面でもやりがい面でも本事業では 最もメリットの大きい取り組み方であると言えます。