日本コミュニケーション協会

メディカルマジック魔法道場FC

HERO魔法界 魔法革命!!
シニア世代 人生100年時代へ 新たな魔法企画

  • 人生100年時代の新たな健康長寿!シニアの生き甲斐や孤独の解消、社会貢献をするメディカルマジック「魔法道場」のFC企画をプレスタートします。
  • 2019年4月または10月スタートのメディカルマジック「魔法道場FC1期生」を限定10社まで募集いたします。
    魔法道場は、魔法エリア制のもと東西南北エリアおよび公民館所在地をベースとしてエリア限定でFC支部を解説予定です。
  • 「魔法道場FC1期生」はFC開業資金やFC拡大のアドバイザーとして特典いっぱいの条件で解説する事ができます。

メディカルマジッック「魔法道場」FC事業

「魔法道場」について / 活動内容

「魔法道場」は原則60歳以上(早期半リタイアは50歳以上入会可)を対象とし、日本コミュニケーション協会責任者の面接・魔法の契約書締結を必須条件として入会することができます。また5〜12歳のお孫さんと一緒にマジックを学ぶことも可能です。「魔法道場」のメンバーは、自分自身の楽しみとして、また出会う人の笑顔や感動を生み出すことを目的として、日々メディカルマジックを行います。

また、「魔法道場」では、メディカルマジックの術・スキル・演出のレベルアップを追求し、マジックショー等で「出演費」をもらえる魔法のリーダーを目指す方のサポートも行います。

そのため、覚えたマジックを披露する場として、年一回のマジックの発表会やマジックショーの開催などのイベントも開催します。

老後の経済的不安を解消する難しさ

人生の三代不安「貧困」「孤独」「病気」は、様々な方法で解消でき、このうち「孤独」と「病気」については、マジックも不安解消の一助となりますが、貧困や老後の経済的不安については、年金の受給額の減少や、再雇用・パート雇用の難しさ、様々な要因から老後に豊かな人生を送ることは難しい時代に突入している為、なかなか有効な解決策が乏しいのが現状です。

メディカルマジックの可能性

高齢者の「不安」と「生きがい」を解決するメディカルマジック
マジックを通じて喜びや笑顔、豊かなコミュニケーションを創出し、精神的に満たされた人生を実現していくという「メディカルマジック」は、人生の三大不安である「貧困」「孤独」「病気」の内「孤独」と「病気」の面において、解決に役立ち、そして「生きがい」にも繋がると考えます。
メディカルマジックで心身共に健康な生活を実現
政府も国民もできる限り 事後ケアである医療費の負担を削減していきたいという流れの中で、予防ケアに繋がるメディカルマジックの実施は、社会的にも意義のある取り組みであると言えます。
メディカルマジックで高齢者の方の新たな楽しみの創出
マジックは子ども達に喜ばれるため、マジックで子ども達に感動や驚きをプレゼントする事は、高齢者の方の新たな楽しみと生きがいに繋がると考えます。更に、自ら考え、手を動かして楽しむことは認知症の予防にも繋がると考えられます。
メディカルマジック「魔法道場」の展開
当社では、メディカルマジックを地域の高齢者の方々に楽しんでもらうために、「魔法道場」という教室を開設しました。
また、マジックのスキルや覚えた数に応じて位が変わる段級位認定制度(十級〜十段)を設け、会員のモチベーションやコミュニティ力の向上に繋げます。

メディカルマジック魔法道場®FC加盟のメリット

ビジネス面でのメリット
今後、増加する高齢者向けの
市場性・時流性のあるビジネス
リピート性の高い魔法の
ワクワクビジネスモデル
少ない初期投資で、
かつ早期の投資回収が可能
シニア向けの手持ち資源との
相乗効果が実現可能
既存スペースの有効活用や
低予算でスペース確保が可能
拡張性の高い、他社が
模倣困難なビジネスモデル
社会的信用面でのメリット
公的な信用実現を得た、
社会性のある魔法ビジネス
子ども、孫世代との魔法の
ふれあいでイキイキライフ
シニアライフに精通した
講師によるサポート体制
魔法のボランティア活動への
参加で社会貢献
魔法のシニアライフで
心身の健康づくり促進

メディカルマジック魔法道場®FCビジネスの体制

魔法道場本部
「魔法道場」オーナーの教育・研修(初期研修および定期研修)
運営ノウハウおよび運営管理システムの提供
マジックグッズの卸売り
段級位認定証の発行
マジックショー等での講師の派遣
魔法道場FC加盟店
「魔法道場」の経営
会員の確保および維持のための営業活動
マジックグッズの販売
段級位認定証の販売
マジックショー等のイベントの企画

メディカルマジックコース&段級位制